• ニュースリリース
  • 路線バス
  • 重要なお知らせ(小)
光触媒コーティングによる抗菌・抗ウイルス対策の実施について

 毎度、臨港バスをご利用いただきましてありがとうございます。

当社ではウィズコロナ時代にお客さまにより安心してバスをご利用いただける環境を提供するため、抗菌・抗ウイルス対策として、臨港バスの所有する全路線バス車両に光触媒コーティング剤を順次施工します。

2021年3月2日(火)からコーティング済車両を運行し、3月末までに全車両(379両)に対策を完了する予定で、対策が完了した車両には、抗菌・抗ウイルスコーティング済ステッカーを掲出します。

 今回使用するコーティング剤は、株式会社キャンディル(本社:東京都新宿区 社長:林 晃生)の光触媒コーティング剤「レコナ エアリフレッシュ」で、本剤をバス車内に噴霧し、抗菌・抗ウイルス空間を形成することで、新型コロナウイルスの感染拡大防止とバス利用に対する安全・安心感を醸成します。

 なお本剤は、日本食品分析センターの試験により抗菌効果を実証済みであるほか、キャンディル、大和ハウス工業、奈良県立医科大学、MBTコンソーシアムとの4者共同検証により新型コロナウイルス感染症の病原ウイルスである「SARS-CoV-2」の不活化も検証確認済みであるなど、抗菌・抗ウイルス対策として高い効果が期待できるものです。

 臨港バスでは従前から、お客さまへの感染予防の取り組みとして、従業員のマスク着用、出社時の体調確認、手洗い・うがい等を徹底しているほか、全車両5日に1回のバス車内の定期消毒作業の実施、換気扇の常時使用による約3分でのバス車内の空気を入れ替えなど、感染リスクの低減に努めております。

 今回新たに光触媒コーティングを実施することで、ウィズコロナ時代にふさわしい安心空間を訴求し、これからもより快適にお客さまにバスをご利用いただけるよう、努めてまいります。

図3.png

→【報道発表用資料】全車両に光触媒コーティングを実施します .pdf

お問い合わせ先

経営管理部 総務課 044-280-3421