弊社社員による乗車料金の着服に関するご報告とお詫び

2017年10月26日

2017年10月26日

川崎鶴見臨港バス株式会社

弊社社員による乗車料金の着服に関するご報告とお詫び

 

今般、弊社が川崎市交通局より管理受託している上平間営業所において、弊社運転士が乗車料金を着服していたことが判明しました。

関係者の方々並びにお客様をはじめとする多くの皆様には弊社に対する信頼を失墜させる行為であり、深くお詫び申し上げます。

社内における調査にて判明した事実関係および再発防止策についてご報告いたします。

 

[事実関係]

2017年10月13日(金)、お客様より上平間営業所宛てに運転士が現金を着服しているのではないかというご指摘の電話をいただきました。

当日の状況を上平間営業所事務職員がドライブレコーダーにより確認したところ、当該運転士が料金箱の不正操作により乗車料金の払出を行い、払出した乗車料金を着服している場面が確認され、当該運転士も1年6カ月前から着服を行っていたことを認めました。

着服金額は現在精査中ですが、50万円程度になる見込みで、弊社から川崎市交通局へ弁済する予定です。

なお、当該運転士は10月24日に懲戒解雇処分といたしました。

 

[再発防止策]

 弊社では、この事案を受け、当該営業所では全運転士への個別指導および集合研修において、乗車料金の適正な取り扱いについて厳命し、受託営業所での公金管理を徹底するとともに、弊社全社員に対しても、金銭管理の徹底を、繰り返しの指導により再度周知して、再発防止を図ります。

 

 弊社はこの度の問題を厳粛に受け止め、お客様の信頼回復に向け、これまで以上に各種教育、啓発活動などをとおして、繰り返しコンプライアンスの重要性について周知徹底を図り、今後は二度と同様の事態が発生しないよう、従業員のコンプライアンス意識向上に努めてまいります。

この度は、皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。

 

以 上

ページ上に戻る

Copyright (C) 2000-2017 KAWASAKI TSURUMI RINKO BUS Co.,LTD